HOME > 退職会員の方へ > 退職医療事業会員とは

退職医療事業会員とは

「退職会員移行届・加入届」の提出と年齢別負担金の納入が済むと退職医療事業の会員となります。

退職医療事業会員になると、会員番号が通知されます。(8桁の番号+枝番号)
また合わせて会員証が発行されます。

会員期間中給付金の請求や、補助を受ける際に、会員番号を使用します。

70歳となる年度末までが退職会員、75歳となる年度末までが長寿会員となります。

会員番号と会員証は、退職医療事業に加入後から75歳になった年度末まで使いますので大切に保管してください。

 

  • Q&A

Copyright (c) 2013 茨城県教職員互助会. All rights reserved.